椎間板ヘルニア 効果的なレーザー治療法


 男性に多い椎間板ヘルニアは椎間板の圧を支える為の椎間板が何らかの原因ですり減ったり、変形した場合に炎症と共に痛みが発症する状態を云います。
 この椎間板の手術に効果的と言われるのがレーザー治療です。椎間板ヘルニアは症状が完治することは無いと云われています。その理由は、一どすり減った椎間板(骨)をもとに戻す事は不可能だからです。
 椎間板がすり減ったり変形すると、内部を通る神経管を圧迫して傷みが発生します、この変形した髄核にレーザーを照射させ一部蒸発させてできた空洞によって神経管を圧迫していた髄核の圧力を下げ、同時に消炎作用を施すのがレーザー治療です。
 術後の症状は、早い人だと直後に改善する方も居れば、半月から1カ月ほどかけて徐々にかいぜんするた肩など個人差が有ります。手術後の改善率は約6割、また、レーザー治療による手術は根幹治療では有りませんがこのような手術の中では高い成功率と言えます。
 レーザー治療は」段階的措置の一つと考えられます、治療のためにいきなり切開、内視鏡手術を執り行う前に、なるべく患者の体の負担をかけない方法で手術が出来ればと開発研究が進めれれてきた治療法です。

posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。