腰痛が長引く要因は…?


腰痛はなかなか良くならない…。

腰痛が長引く要因は…?、身体の問題以外にもあります。腰痛の約85%は、原因の特定は不可能と云われています。

腰痛の原因の多くは、腰の筋肉や関節にあると考えられますが、診察や検査でも明らかな異常が認られず原因の特定は出来ない事が多く有ります。また、原因の特定が可能でも対処の困難のために完治の出来ないケースもあります。

腰痛対策で重要なのは腰痛に原因特定でなく、「適切な対処」をすると云う事です。原因の特定が出来なくとも、適切な対処で腰痛の改善は出来ます。

・原因の特定が出来る腰痛

 ☆ 椎間板ヘルニア = 「椎間板」は主にコラーゲンで出来ている、「椎骨」と「椎骨」との
   間にあり、クッションの役目を果たしています、その椎間板が傷み、椎骨と椎骨の間から飛
   び出した状態。
 ☆ 圧迫骨折 = 「骨粗鬆症」や転倒、事故などにより、推骨が潰れるが「圧迫骨折」、腰や
   背中に激しい痛みを生じる
 ☆ 骨粗鬆症 = 骨密度が減って骨がもろくなる病気

敏速な対処が必要な腰痛

 ・脚に力が入りにくい、尿が出にくい(腰椎に通ている神経の障害)
 ・発熱がある(脊椎、脊骨に細菌感染の疑い)
 ・がんを発症したことが有る(がんが腰椎の移転)

以上以外に「腎結石」や「腹部大動脈瘤」の内科系、「子宮筋腫」などの婦人科系の病気でも腰痛を起します。


posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。