腰痛が長引く原因、環境問題も関係


腰痛対策、身体だけでなく、心や社会環境も関係する。

最近では、腰痛が起った場合、早いうつから体を動かすことが、痛みの改善したり、腰の機能を保つうえで重要と考えられています。ところが「心や社会状況・環境問題」が有ると、痛みが長引きやすい事が解ってきました。
・心の問題 = 患者が痛みを訴えると回りが心配して優しく、患者にとってこころよい反面、甘えが生じ安静期間が長引く事により筋肉などの低下し、かえって腰痛が悪化する。

・社会状況・環境問題 = 自分の仕事を任せられる人がいる、経済的な補償が有る、などの休んでも安心できる社会状況、環境にあると、早く治して体を動かす必要が無く安静する期間が長引き、腰痛が長引く。

急性期は体を動かす、慢性期は心のケアを受けましょう。

注目されるチーム体制の腰痛治療

長引く腰痛は心の問題が背景にある場合が多いので、体の治療でなく、心のケアと共に受ける事が大切である。医療機関では、整形外科、理学療養士に加え、精神科医などのチームを組む体制つくりが進んでいます。

posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。