腰痛対策、心のケアと薬


慢性化した腰痛には、「心のケア」や「抗うつ藥」などを用いた藥物療法が行われます。

慢性化した腰痛は、炎症が治まっているにも関わらず、痛みが改善されません、それは、痛みを長引かせている背景に、不安、ストレス、抗うつなど「心の問題」、人間関係や仕事上、経済的などの問題など「社会状況・環境問題」が影響しているためです。

慢性化した腰痛の治療には、運動療法に加え、精神科や心療内科でケアが必要になることが有ります。また、補助的にや藥物療法を行い投げらコントロールして行くことも大切です。


心のケア 考え方のクセは、人それぞれです。

一般に、後ろ向きな考え方や行動を取ったりする人は、ストレスがたまりやすく、腰痛も慢性化しやすい、このような癖に気付きストレスを減らすこと腰痛の改善に役立つ。

考え方を前向きに変えてゆく治療法の一つに「認知行動療法」が有ります、認知行動療法の一つに毎日の考え方や気分、行動をノートに記入、それを基に医師、臨床心理士と話し合う治療法で、そのノートを基に患者の考え方を前向きに変えて行きます。
腰痛を長引く人で、「痛みにこだわりすぎる」「コミニケーションの道具」になっている人がいます。
・痛みにこだわりすぎて、痛みに必要以上考える = 腰痛以外の人生の意義や楽しみを見出す。
・腰痛がコミニケーションの道具 = 痛みを訴えると、周りが優しくしてくれるので、知らぬ間に腰痛がコミニケーションの道具になっている、この場合、痛みが無くてもコミニケーションが取れるようにじしんを付ける。


posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。