がん、細菌感染 この腰痛は…?。


がん、細菌感染による腰痛…?。

腰痛の原因には、椎骨や椎間板の障害だけでなくガンや細菌感染などが含まれます。椎骨にがんが移転している場合、骨ががんに破壊される為、潰れそして、骨が神経に向かって出っ張るために強い痛みを感じる。
又、細菌感染が有ると細菌感染による炎症が広がるために膿などが貯まり痛みが生じる。
次の症状が有る場合はがんや細菌感染が原因の腰痛の可能性が高いので、直ちに医療機関を受診の事。
 
        夜間の安静時にも痛む
 腰痛 +  痛みが日々強くなる
        発熱が有る(細菌感染時)

肺がん、甲状腺がん、前立腺がん、腎臓がん、大腸がんなどの多くのがんが腰痛を引き起す原因となる可能性があります。又、骨に細菌が感染して痛みを引き起すこともある、「黄色ブドウ球菌」などの一般的な細菌で通常では骨に感染をする事は無いのですが、身体を動かすことの出来ない高齢者や糖尿病の有る、免疫の動きが低下している患者には、血流によって細菌が骨の中に運ばれ、感染が起きる場合があります。

これらは腰痛の原因は命に関わる危険な症状ですので、すぐに整形外科を受診してください。

posted by 腰痛うりん子 at | 腰痛、関節痛の原因と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。