肩こりの原因、対処方法


肩こりには主に、首から肩、背中にかけて広がる「僧帽筋」という筋肉が硬くなって起こることが多い。

人間の腕は、肩からぶら下がる様な構造になって居るため、腕を支える僧帽筋などの筋肉に常に負担がかかり、筋肉の緊張状態が続いて居ます。そのために筋肉が硬くこわばり状態になり、痛みの原因となって居ます。

肩こりを改善するには、ストレッチをしたり、首や肩を温めると良いのです、ストレッチは筋肉の緊張を解消して、こわばりをほぐします温めると血流が良くなり、いたみが和らげます。

また、時々姿勢を変えて、ぶら下がっているうでの重みを机などに預けるのも、症状が和らぎます。

ただ、肩の痛みが続いている場合は、痛みを我慢せずに整形外科を受診の事。症状が似ていたも、五十肩,けん板断裂、石灰けん炎なども有りえます、原因に合った治療が必要ですので…。

posted by 腰痛うりん子 at | 肩関節、疾患 原因と治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。