子供の腰痛の注意、原因を探る


  子供の腰痛に注意。

 腰痛というのは、人が2本足で歩くことと引き替えに背負った宿命です。2本足で立ちあがったため上半身の体重を細い脊椎で支えなければならなくなり、その柔軟性を保つために脊椎版が可動性と荷重のストレスに晒されて居ます。そこで、椎間板に変性という構造上の傷が生じ、痛みを引き起こすこれが腰痛です。

 成人に見られる腰痛の原因はほぼ変形くらいである、逆に云うと変性の無い子供には腰痛は起こりにくいはずですので子供に腰痛が見られた場合、大人と違い、何らかのハッキリした異常があります。

 スポーツを行っていると色々な原因で腰痛を引き起こす。代表は筋肉膜性腰痛、筋披露が原因。州思春期頃、腰をそらすと痛みを感じる場合、腰椎分離症を疑う。分離症の初期レントゲンでも見分けれず通常の腰痛と区別がつきにくい。

 反対に前かがみになると痛みが強くなる腰痛、椎間板ヘルニヤがある、成人の様に坐骨神経痛、神経麻痺、しびれ等は出にくく、身体の硬さとし出ることがある。痛みが強いと腰痛手術が行われます。椎間板ヘルニヤと同じ症状で小児期に特徴的な隅角解離という、これは推体の成長軟骨の損傷で、レントゲンでわかる場合がある、、ヘルニヤとは違いずれた骨片が神経を圧迫してしまうため腰痛の手術治療が必要。

 
 
posted by 腰痛うりん子 at | 関節痛、骨の痛み、予防、薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。