ひざ 人工関節を考える


 加齢や肥満、運動不足によるひざの痛み・。

 日本ではひざの痛みを訴える方が1千万人いると云われています、衝撃吸収機能の低下は、まず、加齢から起こります、産まれてより歳を取るまでの長い年月使い続け、さらに軟骨の新陳代謝が悪くなるために軟骨がすり減りやすくなるためです。肥満も悪影響を及ぼします、体重が多いほど、それに伴ってひざにかかる負担も大きくなります。また、運動不足などで筋肉が痩せ、筋肉が低下することで衝撃を受けとめれれなくなり、ひざに多くの負担がかかる、軟骨のすり減り、その破片や「骨棘」と呼ばれる骨の突起が関節周囲を包んでいる膜を刺激し、炎症を引き起こすと、これが原因で立ったり歩き初めに痛みが出る、これが変形性膝関節症です。
 膝の治療法
 まずは保存療法でひざへの負担を減らす。軟骨がすり減りひざに痛みが起こると、すぐに人工関節の手術を行う事は有りません、薬・装具・運動などの保存療法がおこなわれます。
・薬  のみ薬や外用薬で痛みや炎症を抑える、ヒアルロン酸注射で関節の保護をする。
・装具 膝を固定する装具や足底の角度を変える足底板と云う装具を使用する(医療機関で処方)
・運動 最も重要な治療法、運動でひざの周囲の筋肉強化、ストレッチでひざの曲げ伸ばしで
    出来る範囲を広げ、痛みを和らげるこうかが期待できる。
 上記の方法で痛みが治まらなければ膝人工関節の手術を検討する。
 

posted by 腰痛うりん子 at | 関節痛、骨の痛み、予防、薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。