骨折予防 骨太対策


骨折予防に骨太対策 骨を強くしよう。

 骨を強くするには、骨をつくる栄養素を心がけて取る事が大切になります、日々の食生活を見て、骨を作るのに必要な栄養素を積極的にとろう。
 骨に必要な栄養素として良く知られているカルシュウムですが骨を作るのはカルシュウムだけありません、ビタミンDやビタミンK、タンパク質も骨を作るために必要です。
 カルシュウム = カルシュウムを多く含む食品として乳製品、大豆製品、緑黄色野菜、
          海藻、魚、ゴマ等が有ります。
 ビタミンD = カルシュウムの腸での吸収を助けます。
         魚、キノコ、卵などに多く含まれます。又ビタミンDは日光に当たる事
         によって皮膚につくられますの手足に1日15分程度の日光浴が効果的
         (ただし日焼けしすぎは良くありません)
 ビタミンK = 骨を作る働くを助けます、納豆、油揚げ、緑黄色野菜に多く含む。骨粗
         鬆症の人は1日250〜300グラム納豆1パックで摂収できます、他
         の方は納豆1/2で補えます。
 タンパク質 = カルシュウムを補うコラーゲンの材料になります、肉、魚、卵、乳製品、
         大豆製品などに多く含まれています。
 骨粗鬆症は気が付かない内に進みます、日ごろの食事を気を付け予防しましょう。
骨折予防のために骨密度の検査を受けましょう、骨密度検査は整形外科などの病院で簡単に受信できます。

posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。