腰痛の治療法 レーザー 腰痛 椎間板の治療 レーザー


レーザーを使った腰痛の治療

 腰痛の治療法として、整体や電気治療、最近ではレーザー治療法が有ります、レーザー治療法とはどのような治療法でしょうか…、ブロック療法や理学療法との中間でレーザー治療法は筋肉を骨からり剝離させたりの切開が不要と云うのが一番の特徴です。そのため手術時間が短い。そのため入院期間や、術後の退院までの時間がが短く職場への復帰が早くなります。
 腰痛に効果が有るのでしょうか…?、レーザー治療は完治療法では有りませんが、レーザー治療を受けた患者の6割以上が手術に成功、改善したとされています、最終手段でない段階措置として大変効果的な数字です。このレーザー治療で改善がなかった場合でも、その後の内視鏡手術、従来の手術で9割以上の成功率です。
 レーザー治療の特徴で、筋肉や内臓疾患から来る腰痛には使えませんが、椎間板の損傷や、ヘルニヤなどの症状から発症する腰痛には効果が有り、後遺症の可能性が極めて低い。
 完治方法や特効薬の無い腰痛にもレーザー治療は段階治療として確立されています。

posted by 腰痛うりん子 at | 腰痛、関節痛の原因と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がん、細菌感染 この腰痛は…?。


がん、細菌感染による腰痛…?。

腰痛の原因には、椎骨や椎間板の障害だけでなくガンや細菌感染などが含まれます。椎骨にがんが移転している場合、骨ががんに破壊される為、潰れそして、骨が神経に向かって出っ張るために強い痛みを感じる。
又、細菌感染が有ると細菌感染による炎症が広がるために膿などが貯まり痛みが生じる。
次の症状が有る場合はがんや細菌感染が原因の腰痛の可能性が高いので、直ちに医療機関を受診の事。
 
        夜間の安静時にも痛む
 腰痛 +  痛みが日々強くなる
        発熱が有る(細菌感染時)

肺がん、甲状腺がん、前立腺がん、腎臓がん、大腸がんなどの多くのがんが腰痛を引き起す原因となる可能性があります。又、骨に細菌が感染して痛みを引き起すこともある、「黄色ブドウ球菌」などの一般的な細菌で通常では骨に感染をする事は無いのですが、身体を動かすことの出来ない高齢者や糖尿病の有る、免疫の動きが低下している患者には、血流によって細菌が骨の中に運ばれ、感染が起きる場合があります。

これらは腰痛の原因は命に関わる危険な症状ですので、すぐに整形外科を受診してください。

posted by 腰痛うりん子 at | 腰痛、関節痛の原因と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

椎間板ヘルニア 腰のしびれなど


椎間板ヘルニアとは腰椎の椎間板がひび割れを起して飛び出したり、髄核が神経を圧迫することで起る。
圧迫された神経が炎症を起こすことで、腰痛が出たり、しびれ、麻痺が現れます。

仕事や運動で、腰を頻繁にひねったり、腰に大きな負担を繰り返しかけることで、椎間板にひび割れが入って、これが腰椎椎間板ヘルニアの原因になります。
また、タバコを吸う人は、血液循環が悪くなることで、椎間板に供給される栄養が不十分になり、ひびが入りやすくなります。椎間板にひびが入り、さらにおおきな圧力が加わると、ひび割れした部分から髄核が膨らんだり、飛び出したりして痛みが生じます。

腰椎椎間板ヘルニアか脊椎管狭窄症の可能性が高い症状


・腰や脚に麻痺がある
・歩くと脚に痛みやしびれ、脱力感がある
・つま先立ちやかかとたちができない
・尿が出にくく残尿感や尿失禁がある
上記の症状が1つでもあれば腰痛椎間板ヘルニアの可能性がある。

これらの症状を伴う場合は単に腰痛だと考えず、整形外科を受診適切な治療を受ける必要があります。

posted by 腰痛うりん子 at | 腰痛、関節痛の原因と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛にストレスが原因の場合がある


腰痛とは、さまざまな原因によって引き起される腰の痛みの総称である。

腰椎には異常がなく、精神的ストレスが原因になる場合がある。

腰椎以外に原因の腰痛を起すものは…

・臓器や血管の病気 
 消化器系の病気 = 食事に伴って腰痛が起ったり、痛みが強まる。
 泌尿器系の病気 = 排尿時に腰痛が起き、血尿を伴う場合は、尿路結石、腎炎の可能性がある。
 婦人科系の病気 = 月経時に腰痛が起ったり、痛みが強まる。
 循環器系の病気 = 「解離性大動脈瘤」血管の壁(血管壁)」の一部が剥がれ、そこに血液が流
           入する病気、強い痛み、血圧が一気に下がり、意識を失うこともある為、腰
           に何時もと異なる強い痛みを感じたらすぐに医療機関を受診の事。

・精神的ストレス
 精神的ストレスも腰痛の原因となることもわかって居ます。脳に痛みを抑制するシステムが有りま
 すが、精神的ストレスが続くと、そのシステムがうまく働かなく、神経が過敏になり、本来なら弱
 い痛みでも、強く感じてしまうのです。
 腰痛によって体を動かさなくなると、精神的ストレスが大きくなります、そして脳に作用して、痛
 みを強く感じてしまう。
 痛みが有るから動かない、動かないからストレスがたまる、ストレスで神経が過敏になる、腰痛が
 強くなると云う悪循環になってしまう。

腰痛で悩んでいる時は、一度整形外科を受診し、命に関わる病気でないかを確認しましょう。 
 
posted by 腰痛うりん子 at | 腰痛、関節痛の原因と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛に矯正ベルトを着用使用


 腰痛の原因と予防。

 腰痛の原因
・太りすぎは膝にかかる加重が、腰痛の原因になります、ダイエットするしかありません。

・重たいものを持ち上げる事のにより、腰、膝にダメージ与え事により腰痛が起こる。これは魔女の一檄と云 われるもの。普段より筋肉を鍛えることで回避できます。

・仕事で一日中同じ姿勢でいるため腰痛になリやすくなります。仕事中に時たま身体を動かす様心がける。

・柔らかすぎるベットや布団で寝ることも腰痛の原因になる。身体に有った固めの寝具を使う。

・女性は特に腰痛になりやすい、女性は「妊娠」「出産」「産前、産後」「生理」の4つの身体の変化に よりホルモンが変化することで、腰痛が発症しやすく、特に妊娠後期の腰痛は「骨盤矯正ベルト」 などを活用しましょう。

posted by 腰痛うりん子 at | 腰痛、関節痛の原因と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひざ関節に効く、サプリメントは…?。


 良く色々なサプリメント(「保健機能食品」)でひざ関節に効くと宣伝されていますが、このようなサプリメントは本当に効くのか…?。

 サプリメントのひざ関節に対する改善効果については、研究が進めれれて居りますが、残念ながら現段階では企業戦略が先行していて効果はハッキリとはわかりません。

 サプリメントの中には、「保健機能食品」と「一般食品(いわゆる健康食品)」が有ります。「保健機能食品」は、その効果が化学的に証明されている物で、「トクホ(特定保健用食品)」と基準に沿って栄養表示できる「栄養機能食品」とに分類されます。

現在、残念ながら国内ではひざ関節の症状改善効果のある「保健機能食品」は有りません。

posted by 腰痛うりん子 at | 腰痛、関節痛の原因と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰椎圧泊骨折、経皮的推戴形成術(PVP)保険適用


 高齢になると骨がもろくなり骨粗鬆症になりやすくなります、尻もちをついたり、重い物を持ったりしただけで、背骨に腰の部分(腰椎)が体重の重みでつぶれてします「腰椎圧迫骨折」が起きやすい。
 症状では、背中からこしが強く痛み、ひどい時には動くことが出来なくなります。そして、徐々に自分の体重で腰椎が押し潰されて、背中が曲がる原因となります。
 治療方法として、安静にコルセットで固定する方法ですが、この方法だと痛みが無くなるまで数週間かかり、その間に体力が落ちたり、腰椎の潰れが酷くなる恐れが有ります。
 しかし、新しい経皮的椎体形成術(PVP)という手術が2012、4月より保険で受ける事が可能になりました。この手術はうつ伏せになって局部麻酔をしたうえで、骨折した場所に特殊なセメントを注入して骨を固める。確かに症例にも寄りますが早い時期に動けるようになる可能性の有る治療方法です。選択肢の1つとして注目されています。
 此の治療は脳神経外科、整形外科で受けられますが、まだ普及が一般的に広がって居る治療法ではありませんので事前に掛りつけ医に相談をするといいでしょう。

posted by 腰痛うりん子 at | 腰痛、関節痛の原因と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛、グルコサミンて…?。


腰痛の解消に…グルコサミン
 コンドロイチンと一緒に配合される事が多いサプリメントがグルコサミンです、此のグルコサミンとはどの様な…?。
 グルコサミンとは体の中、関節や靭帯などに存在する軟骨組織や関節液にあるコンドロイチンやヒアルロン酸の主原料となる物です。
 コンドロイチンと同じく、若い時節には人体で合成されますが、年齢が行くと共に合成能力が低下して欠乏してゆきます。
 体がグルコサミンを摂取すると、血液の循環により各臓器に運ばれて行き、その臓器に適合した物質に作りかえられます。
 これが関節に行くと、コンドロイチンやヒアルロン酸に成り代わります又、グルコミンは、軟骨細胞を刺激して軟骨の育成を促進、そして、関節の動きを滑らかにいたします。
 グルコサミン自体には少しですが炎症を抑える作用もあると云われています、これを利用してひざ関節、腰痛の痛みに使用します。
 ただ、此のサプリメントのグルコサミンは、カニやエビの甲殻などから作られるので甲殻類にアレルギーがある人は注意が必要。
 抗炎症作用が有りますので、わりに早く調子が良くなったと感じる人がいますが、関節の状態を改善するためにはグルコサミンは長い服用期間が必要です。

posted by 腰痛うりん子 at | 腰痛、関節痛の原因と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肩が痛い、肩こりの対処方法


肩の痛みというと強い肩こりを思います。肩こりと肩の病気とは全く違う、肩こりは背中にある僧帽筋という筋肉が固まり、こわばるのが原因で首から肩にかけて痛みが出てきます。自分の対処で肩の痛みの改善が出来ます。
 肩には主に肩甲骨、上椀骨、鎖骨で構成されていて、とてもバージョン豊かに器用に動ける、肩甲骨は鎖骨や腕の骨とは関節でつながっている物の、胴体とはしっかりつながってはいない、つまり、その両腕の重み、背中の肩甲骨もほとんどは型の筋肉が頑張って支えて居ます。
 姿勢が悪いと首や肩の負担がます、首は3〜4s、腕は片方3〜4sの重みが有ります。人間の腕は肩からぶら下がるような構造に有り、それを支えている僧帽筋などの筋肉に負担がかかり、緊張状態が続き筋肉が硬くこわばり、痛みの原因になる。
 肩こり を改善するには、ストレッチ、凝りの有る部分を温める。ストレッチは筋肉の緊張を解消してくれますし、温めると血流が良くなり痛みが和らぎます。又、時々姿勢を変えて、ぶら下がって居る腕を机などに乗せて腕の重みを軽減するだけで、肩こりの症状は和らぎます。
posted by 腰痛うりん子 at | 腰痛、関節痛の原因と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひざ、腰、肩の長引く痛み 動いて改善


ひざ、腰、肩の長引く痛み 動いて改善

痛みで体を動かさないと 悪い姿勢や筋肉の硬直を招き益々痛みが悪化する
慢性の痛み は、主に脳や神経が係わり引き起こされます。痛みが長く続くと、「また痛くなるのではないか」「痛みが強くなるのでは」など不安から、痛みのある部分を動かさなくなりがち、するとその部分の筋肉が硬くなって、痛みがさらに悪化すると云う悪循環に陥ります。又、痛み部分をかばうため、ほかの部分の筋肉に過剰な負担化係り、痛みの無かった他の筋肉も硬直しい痛むようになります。
 病気や外傷で障害が生じた直後は安静に、しかし少し痛みが治まったら、出来るだけ動かす方が痛みが長引かないとされています。

 例えばぎっくり腰の場合、発症の2日から3日後から動かした方が、痛み慢性化しにくい事が解って来ています。筋肉や関節などの機能を維持するためには、適度な運動が重要です。
 また痛みが、続くと、精神にも影響が及び、痛みを長引かせてしまいますから体を動かすことは、ストレスの発散にもなりますから症状に合わせて試すように心がけましょう。
posted by 腰痛うりん子 at | 腰痛、関節痛の原因と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。