椎間板ヘルニア 効果的なレーザー治療法


 男性に多い椎間板ヘルニアは椎間板の圧を支える為の椎間板が何らかの原因ですり減ったり、変形した場合に炎症と共に痛みが発症する状態を云います。
 この椎間板の手術に効果的と言われるのがレーザー治療です。椎間板ヘルニアは症状が完治することは無いと云われています。その理由は、一どすり減った椎間板(骨)をもとに戻す事は不可能だからです。
 椎間板がすり減ったり変形すると、内部を通る神経管を圧迫して傷みが発生します、この変形した髄核にレーザーを照射させ一部蒸発させてできた空洞によって神経管を圧迫していた髄核の圧力を下げ、同時に消炎作用を施すのがレーザー治療です。
 術後の症状は、早い人だと直後に改善する方も居れば、半月から1カ月ほどかけて徐々にかいぜんするた肩など個人差が有ります。手術後の改善率は約6割、また、レーザー治療による手術は根幹治療では有りませんがこのような手術の中では高い成功率と言えます。
 レーザー治療は」段階的措置の一つと考えられます、治療のためにいきなり切開、内視鏡手術を執り行う前に、なるべく患者の体の負担をかけない方法で手術が出来ればと開発研究が進めれれてきた治療法です。

posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨折予防 骨太対策


骨折予防に骨太対策 骨を強くしよう。

 骨を強くするには、骨をつくる栄養素を心がけて取る事が大切になります、日々の食生活を見て、骨を作るのに必要な栄養素を積極的にとろう。
 骨に必要な栄養素として良く知られているカルシュウムですが骨を作るのはカルシュウムだけありません、ビタミンDやビタミンK、タンパク質も骨を作るために必要です。
 カルシュウム = カルシュウムを多く含む食品として乳製品、大豆製品、緑黄色野菜、
          海藻、魚、ゴマ等が有ります。
 ビタミンD = カルシュウムの腸での吸収を助けます。
         魚、キノコ、卵などに多く含まれます。又ビタミンDは日光に当たる事
         によって皮膚につくられますの手足に1日15分程度の日光浴が効果的
         (ただし日焼けしすぎは良くありません)
 ビタミンK = 骨を作る働くを助けます、納豆、油揚げ、緑黄色野菜に多く含む。骨粗
         鬆症の人は1日250〜300グラム納豆1パックで摂収できます、他
         の方は納豆1/2で補えます。
 タンパク質 = カルシュウムを補うコラーゲンの材料になります、肉、魚、卵、乳製品、
         大豆製品などに多く含まれています。
 骨粗鬆症は気が付かない内に進みます、日ごろの食事を気を付け予防しましょう。
骨折予防のために骨密度の検査を受けましょう、骨密度検査は整形外科などの病院で簡単に受信できます。

posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛に良いレーザー治療の利点


腰痛に効果的なレーザー治療の利点

@ レーザー治療は切り開かないから、筋肉を骨かの剥離などの切開しない。

A 切開しないため手術時間が短い。

B 手術によるリスクが少ない。
  切開しないから当然、手術のリスクが低くなる、体内にレーザーファイバーを挿入しますが、
  切開に比べ、ごく小さな注射針の穴、また、直接患部を照射するので他の器官や組織を傷めな
  いで手術が出来る。

C 段階的治療法である。
  レーザー治療法は完治療法では有りませんが、患者の6割に改善が見られます、最終手段でな
  い段階処置としては、大変効果的です。

D 後遺症の可能性が極めて低い
  手術後の数時間の安静で、自分でトイレに行たり、食事をしたりができますので、患者自身へ
  の負担が大変少ない。
  また、この治療法で感染症や膿腫を作る事は考えられず、後遺症の心配はない。

 筋肉や内臓疾患からくる腰痛にはレーザー治療が使えないことも有りますが、逆に椎間板の損傷や
 ヘルニヤなどの症状から発症する腰痛には効果的です。


posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛でグ・パ、グパ


腰痛で入院をして…。グパ・グパ 手足の訓練

 実に腰痛での入院患者が多いのにびっくり…です。入院をするとすぐ、絶対安静3週間を命じられて…これが腰痛でに入院の定義だそうですが、これが大変な事に始め1週間はベット上30度と、この30度とは体を30度以上立ててはいけない事で、トイレ以外に体を常時横にして居る事、つまり食事も寝たままなどでどの様な品がトレーに乗って居るのか、何処に…箸を動かすことも、ままならず。
 デー面白い事はわーい(嬉しい顔)入院患中の患者さんですが、皆さんお布団の中でゴソゴソしています。
 これが大変重要な事で、動けない体で少しでも体力を付けるための運動なのです、仰向けに寝たまま出来る運動、手と足の指をグ・パ、グ・パの繰り返し
 入院で安静(ずーと寝ている)と1か月ほどで約10キロ体重が減り、体が上手に動かせなくなります、絶対安静の解けた後、歩行訓練が始まりますので訓練を助けるため。何分体を元に戻すのは入院期間の3倍必要との医者の言です。
 皆さん寸暇を惜しんで 頑張ってグ・パ、グ・パ
posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 腰痛の予防        腰痛の予防、悪化を防ぐには…、マイナス思考は長引く


腰痛の予防、悪化を防ぐには、腰痛はマイナス思考やストレスにより影響する 
 
 悲観的な人とは病状が長引く病気です。「悪くなったら…」などマイナス思考の人ほど痛みを強く感じる。心のバランスをくずれると、痛みを抑えるセレトニンやノルアドレナリンと云った物質が分泌され難くなる、このように考え方で悪循環につながる、このため慢性の腰痛で鎮痛藥などで改善されない場合、抗不安藥や抗うつ藥が効果が出ると云われています。
「痛みであれも、これも出来ない」出なく前向きにとらえ、痛みを感じにくい体質に近づきたいものです。

◎ 腰痛の予防、悪化を防ぐには  
 
 ・ 正しい姿勢
 ・ 立っている時は背筋を伸ばして腹に力を入れる
 ・ 椅子に座るときは深く腰を掛けて背もたれに背中を密着させ、上半身を机に十分近ずける。
 ・ 物を持ち上げる時は膝を充分曲げ物を体に近づけて持ち上げる。

そして体に柔軟性をつけると良くなることが多いので自分に合った運動を無理をしない程度に少しずつでも続けるのが良い。
posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰椎椎間板ヘルニアの治療 保存療法


腰椎椎間板ヘルニアが起きると、まず薬やコルセットなどの痛みを和らげる保存療法がおこなわれる。

腰痛を速く改善するためには、薬の力を借りる。

薬を使うのをためらい、いたみを我慢する人も居ますが、それは腰痛の改善を遅らすことになります、痛みを我慢すれば脳の組織が変化して腰痛が改善しにくくなると云われています、痛みは我慢するのではなく、藥物療法を駆使し、少しでも早く痛みを頸がんすることが大切です。

〇 主な保存療法

  薬物療法     痛みが強い  ⇒   神経ブロック療法
主に用いられる薬               主に用いられる薬
・非ステロイド性消炎鎮痛薬          ・局所麻酔藥
・抗うつ藥 ・抗てんかん藥          ・ステロイド藥  など  
・オビオイド       など          

コルセットの装着
温熱療法    

腰椎椎間板ヘルニアが疑われる場合、主に神経の状態を調べる、そして次にエックス線検査やMRI(磁気共鳴画像)など、検査の結果、腰椎椎間板ヘルニアと診断された場合、それに対する治療を行います、治療ですぐに手術が行われるのではなく、ほとんどではまず薬や装具などを用いて症状の改善をする保存療法がおこなわれます。保存療法は、なるべく早く痛みを軽減することで、痛みを完全に取り去ることは有りません。生活するのに困らないくらい体を動かす事が目標です。

腰椎椎間板ヘルニアの手術

「3か月間ほど保存療法を行っても効果が無い」「腰や脚にあるしびれや麻痺などの神経症状が進行している」「排尿障害がある」「患者の強い要望がある」などの場合は手術が検討されます。
主に行われている手術は「後方椎管板摘出」です、時間は約30分〜1時間程度で1週間前後の入院が必要です。
手術を行うと、約80%の患者の痛みが改善しますが、すべての患者の痛みが確実に取れるわけでは有りません、メリット、デメリットについて担当医とよく相談の上、納得したうえで施術を受ける事が大切です。

また、腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けた患者の5%〜10%が再発すると云われています、飛び出した髄核を摘出することが出来ても、ひびの入った椎間板を治すことが出来ないためです。 
  
posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギックリ腰(急性腰痛症)


急性腰痛症とはぎっくり腰の事です。

前屈して重い物を持つなどの姿勢で起りやすく、急激に痛みが現れますが多くはげんいんを特定できません。
「急性腰痛症」とは急激に腰痛を発症して症状のことで、「ギックリ腰」と呼ばれています。
腰痛は男女の差、年齢に関係なく20代〜70歳代までの約30%の人がT日以上の腰痛を経験していると云われていますが急性腰痛症を発症した時、腰で何が起きているのかは不明です。
腰痛は筋肉が障害されている場合も有れば、骨盤の「仙腸関節」、椎骨の「椎間板」「椎間関節」などの障害も考えられます。「腰椎椎間板ヘルニア」など病気の原因となる場合を除けば画像検査でもほとんど見つける事は出来ず、原因は判りません。

腰に負担のかかる姿勢を取ると…

・ 前屈をして重い物を持ち上げる
・ 前かがみになって歯を磨く
・ 腰を捻ったり、伸ばしたりしてベットから立ちあがる
・ 前かがみになってくつを履く
    強い痛みが現れます

腰痛を発症してしまったら…痛みを和らげるために、横になり楽な姿勢を取りましょう。

発症直後に取ると良い姿勢

・ 横向きに寝る(膝を軽く曲げる)
・ 膝下にクッションなどを入れる(仰向けに寝る、膝を軽く曲げる)
・ 低めの台に両脚を乗せる(仰向けに寝る)
 痛みの強い時期には楽な姿勢を、痛みが和らいだら、出来る範囲で動かす。

急性腰痛症では、まず腰を冷やすのが原則
原因が特定されなくても椎骨や筋肉、椎間板などが障害、炎症が起きていることが多く、このような場合腰を冷やすことで痛みが軽くなるので発症直後は冷やすのが原則。
発症直後に冷やしたあと、腰を温める事で楽のなるなら、入浴などで温めると良い、だだし、温めて痛みが強くなる場合は中止すること。

posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛が長引く原因、環境問題も関係


腰痛対策、身体だけでなく、心や社会環境も関係する。

最近では、腰痛が起った場合、早いうつから体を動かすことが、痛みの改善したり、腰の機能を保つうえで重要と考えられています。ところが「心や社会状況・環境問題」が有ると、痛みが長引きやすい事が解ってきました。
・心の問題 = 患者が痛みを訴えると回りが心配して優しく、患者にとってこころよい反面、甘えが生じ安静期間が長引く事により筋肉などの低下し、かえって腰痛が悪化する。

・社会状況・環境問題 = 自分の仕事を任せられる人がいる、経済的な補償が有る、などの休んでも安心できる社会状況、環境にあると、早く治して体を動かす必要が無く安静する期間が長引き、腰痛が長引く。

急性期は体を動かす、慢性期は心のケアを受けましょう。

注目されるチーム体制の腰痛治療

長引く腰痛は心の問題が背景にある場合が多いので、体の治療でなく、心のケアと共に受ける事が大切である。医療機関では、整形外科、理学療養士に加え、精神科医などのチームを組む体制つくりが進んでいます。

posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛対策・脳を鍛え痛みを軽減


慢性化した腰痛の改善には、「脳を鍛える運動」が効果的だと判ってきました。

一般的な「腰痛対策」の運動では、腹筋や背筋を鍛える筋肉トレーニングを行う事が多い、これは腰まわりの筋肉が低下し、腰をしっかり支えられなくなっている場合に大変効果的な運動です。しか「体の問題」「心や社会状況・環境問題」が要因となって慢性化した腰痛には、 ”脳を鍛える運動”を行うと体、心や脳にも良い影響を与え腰痛を改善させます。

慢性化した腰痛と脳に関係
慢性化した腰痛の患者は、動く事に強い不安や恐れがあり、体を動かさずにいる事が多く有ります、しかし体を動かさないと神経が過敏になり痛みを感じやすくなります。
腰の痛みは、腰の部分の神経から背骨の中を通って「脊隋」を経由脳に伝わります。体を動かさないと、神経での痛みなどが「感覚情報」が脳に伝わる情報が減って、脳は痛みの感覚情報を探そうとし、神経が過敏になり、少ない情報を感知しやすくなりますので、適度な運動で脳に様々な刺激を送ることが重要です。

お勧めの運動   回す、振る、歩く動作、意識を集中して行う
○ ゴルフボール回し = 手に平でゴルフのボールを回す。
○ スイング運動 = 新聞などを丸めた筒を振ります、腰の動かし方や力の入れ方。
○ ウオーキング = 歩く姿勢に注意、背筋や腹筋などえを鍛える効果が有る、一日15分ほど。

脳を鍛える運動を行う際に大切なのは、運動にだけ集中すること、おしゃべり、買い物ついでなどは余り効果はありません。


posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛対策、心のケアと薬


慢性化した腰痛には、「心のケア」や「抗うつ藥」などを用いた藥物療法が行われます。

慢性化した腰痛は、炎症が治まっているにも関わらず、痛みが改善されません、それは、痛みを長引かせている背景に、不安、ストレス、抗うつなど「心の問題」、人間関係や仕事上、経済的などの問題など「社会状況・環境問題」が影響しているためです。

慢性化した腰痛の治療には、運動療法に加え、精神科や心療内科でケアが必要になることが有ります。また、補助的にや藥物療法を行い投げらコントロールして行くことも大切です。


心のケア 考え方のクセは、人それぞれです。

一般に、後ろ向きな考え方や行動を取ったりする人は、ストレスがたまりやすく、腰痛も慢性化しやすい、このような癖に気付きストレスを減らすこと腰痛の改善に役立つ。

考え方を前向きに変えてゆく治療法の一つに「認知行動療法」が有ります、認知行動療法の一つに毎日の考え方や気分、行動をノートに記入、それを基に医師、臨床心理士と話し合う治療法で、そのノートを基に患者の考え方を前向きに変えて行きます。
腰痛を長引く人で、「痛みにこだわりすぎる」「コミニケーションの道具」になっている人がいます。
・痛みにこだわりすぎて、痛みに必要以上考える = 腰痛以外の人生の意義や楽しみを見出す。
・腰痛がコミニケーションの道具 = 痛みを訴えると、周りが優しくしてくれるので、知らぬ間に腰痛がコミニケーションの道具になっている、この場合、痛みが無くてもコミニケーションが取れるようにじしんを付ける。


posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。