自分で治せるひざの痛み


自分で治そう、ひざの痛み

一般に40歳以上の人に「変形性膝関節症」の人が多い、女性6割、男性が4割と云われています。2本足歩行の避けがたい宿命の様に加齢とともにじわじわと、そして自分で歩行すら事すら奪われてします、本当に悲しい事ですが…避けがたいとは、本当なのでしょうか…?。

どうしてひざの痛みが…?。

「ひざが痛い」と云っても、どの組織が痛んでいるのか、ほかの原因なのかは様々です、若い人のひざ痛に原因は、筋肉や靭帯、半月板、骨の損傷などが主な原因が多い。中高年のひざ痛はほとんどが「変形性膝関節症」という病気、老化によってひざの軟骨がすり減り、関節が変形した状態です。

軟骨が削れるとその削りかすが軟骨周辺の滑膜について炎症を起こす「滑膜炎」、ひざ痛の8割がこの滑膜炎です、ひざ痛の原因のもう一つ「骨棘」が有ります、ひざ関節の両脇には、ひざが横方向にぐらつくのを防ぐ側副靱帯有り、骨棘が出来るとひざを動かす度に痛みが生じます。

ひざ痛の二大原因は滑膜炎と骨棘です、他に良く有る原因に骨粗鬆症を併発している。
原因が筋肉や靱帯なので、関節にヒアルロン酸を注射しても効果は有りません

でも自分で治せるひざ痛の方法が有りました。ひざ痛が長引く時は、太ももやふくらはぎのストレッチが有効です。

ひざを打僕、捻挫、重たい物を持ってグキーなどのひざ痛の急性期は少なくとも一週間は安静に、初期の痛みが二週間以上続く時は整形外科を受診の事、その先は慢性期、この慢性期、ここが体操を始めるタイミングなのです、慢性期になつて動かさないでいると筋肉が益々弱ります、サー体操はじめー(急に激しい運動はダメ)
「片足立ち」と「スワット」なら関節痛に人も無理なく行えます。

「片足立ち」 = 手すりや椅子、テーブルの傍で、肩幅に足を開き、視線は軽く前向き、片足を床から5〜10cm浮かせ、1分前後保持し下す、反対側も同様にして一日三セット行う。(症状により片手をテーブルに付けたり、両手をテーブルに付いたるする。) 

「スワット」 = ひざを屈伸するというイメージでなく、腰を後ろに引きながら下す感じで、(椅子に腰を掛ける)、そして自然な呼吸で「ひざをつま先より前に出さない」事が重要である。

「片足立ち」「スワット」をおおむね二〜三か月続けると良くなったと実感できると思います。

まずは始め、そして継続です。

posted by 腰痛うりん子 at | ひだ痛の原因、予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひざ関節にたまった水を抜くとくせになるの…?


ひざにたまった水(関節液)を抜くとくせになると良く聞きますが、くせになることは有りません。
 ひざの関節に水がたまるのは、抜くからたまるのではなく、ひざの炎症が持続して要るから水がたまるのです。ひざの炎症が無くなれば水はたまることは有りません。ひざに多くの水がたまると、ひざ関節の働きが悪くなります。
 ひざにたまった水(関節液)を抜く理由 3つ1、関節液を調べる
  水(関節液)を調べ、原因となる病気が変形ひざ関節症か診断します。
2、症状の悪化を防ぐ
  水を抜く事でひざ関節の動きが良くなる
3、ヒアルロン酸を注入する
  ヒアルロン酸(関節のクッション)の効果で変形性ひざ関節症の症状を改善します。
  水を抜いて関節液ないのヒアルロン酸濃度を高めて効果を上げます。

posted by 腰痛うりん子 at | ひだ痛の原因、予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変形性ひざ関節症のQ&A 


・変形性関節症ってどのような病気ですかて?。
ひざ関節の軟骨がすり減り、関節炎や変形をしょうじて、痛みが起る病気です
 初期 = 軟骨がすり減り、関節の隙間が狭くなる
 中期 = さらに軟骨がすり減り、関節の間でから骨棘(こっきょく)が出てくる
 進行期= 軟骨が無くなり骨が直接ぶつかるために、痛みが起る 
・変形性ひざ関節症てどんな病気
変形性ひざ関節症では、いたみ、腫れ、曲げ伸ばしの不住さ、関節の変形など
・どの様な症状ひざを動かした時に痛む = 動き始め、立ち上り、階段の上り、下  
 り、 ひざの曲げ、伸ばしが辛い
ひざが腫れる = 水が溜まる(関節水腫)、ひざが変形する
・変形性膝関節症の治療方針は?
まず保存的治療で信仰を抑え、症状のかいぜんを図る、保存治療で効果が得られない時には外科的治療(手術)を行います
治療目的 = 病気の進行を出来るだけ遅らす、痛みや腫れ、曲げ伸ばしを改善する
・ 保存的治療には、どの様な」種類が有るか
保存治療 = 運動・物理療法 可動域の回復、筋力増強、ホットパックなど
       装具療法 サポーター、足底板、ひざ装具、杖
       約物療法 外用藥(貼り薬、内服薬、坐薬、関節内注射
・変形性ひざ関節症にヒアルロン酸を注射するのはなぜ?
ヒアルロン酸の関節内注射は、関節液を正な働きに近かづけ関節の働きを改善、痛みや炎症を和らげる効果が有る
ヒアルロン酸とは、関節液の成分であるヒアルロン酸は、エンジンアイルのようなは働きをしたり,クッションのように関節の衝撃を緩和します。正常な関節液に近い高分子量のヒアルロン酸が効果的です
効果 = ひざの痛みを軽減する、炎症を和らげる、軟骨を保護する、ひざの動きを滑らか             にする
治療回数 = 週1回、5週間注射、継続投与では2週〜4週に1回
注射後の注意 = 異常を感じたら医療機関に相談すること

posted by 腰痛うりん子 at | ひだ痛の原因、予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関節痛は加齢と関節軟骨減少、すり減りで始まる


関節痛は加齢による関節軟骨成分減少と、関節軟骨のすり減りで始まる。 

グルコサミンの摂取で、関節を守るヒアルロン酸が増加する。
正常な関節では、関節軟骨や関節液が関節の磨滅を防ぐクッションとして動きを滑らかにしてくれます。
 この関節軟骨や関節液の主成分はグルコサミンから造られるヒアルロン酸。つまりグルコサミンの摂取量がヒアルロン酸の産出に大きくかかわって居る。

グルコサミンの摂取で変形ひざ関節症が改善する。 

実際に整形外科外来のひざ関節症の受診中の患者グループ、グリコサミンを1日1500mgを8週間とうよ、4週間後に改善効果が認められ、8週間後はさらに改善が見られたと云われる。



軟骨の修復はN−アセチルグルコサミンと低分子コラーゲンとの同時摂取が有効です。

 @ グルコサミンは関節軟骨の元となる成分で、変形ひざ関節症の改善に役立つ成分。
 A 関節のスムーズな動きに重要なもう一つの成分が実はコラーゲンです。
 B コラーゲンは分子量が大きく吸収されにくいにで、注目は効率の良い低分子コラーゲンです。
 C N−アゼチルグルコサミンは天然型でグルコサミンの3倍効率が良い成分です。

ともかく専門の整形外科に相談することが関節軟骨改善のT番の近道です。

posted by 腰痛うりん子 at | ひだ痛の原因、予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひざの痛みに聞く、グルコサミンとコラーゲン


関節痛の原因は成分不足と軟骨にすり減り。 
日々酷使している関節、その動きをスムーズにする為のクッション材となって居る関節軟骨、関節軟骨の細胞は新陳代謝によって日々合成されているために、新陳代謝のバランスを健康的に維持できれば関節のトラブルは避けられます。
 しかし加齢によって関節軟骨の成分が減少、不足すると、さまざまな所に影響が出てくる。軟骨がクッションの役割を果たしている関節では、日々の負担により、軟骨が徐々に磨滅し、しかも軟骨の合成能力が低下して、修復が追いつかなくなる。軟骨がすり減り、なめらかな動きや弾力が無くなり、次第に曲げにくく、こわばり違和感を覚える。
 そして、いったん痛みだすと関節を動かす事がおっくうになり、動かさないことで、さらに関節がスムーズ差が失われ痛みが強くなる。この悪循環が関節痛の進行パターンです。
 関節の滑らかな動きに欠かせないのがグルコミンとコラーゲンです。
 関節軟骨の成分はプロテオグリカン集合体(コンドロイチンやヒアルロン酸が結びついたもの)とコラーゲンです。関節や軟骨にもコラーゲンが有り、軟骨の約70%の水分とコラーゲン、プロテオグリカン集合体で構成され、コラーゲンの網の目状の繊維の中にプロテオグリカン集合体が水分を蓄えて弾力を保って、関節のスムーズな動きを支えているのです。
 コラーゲンは加齢と共に減少しますが、コラーゲンが減少するとプロテオグリカン集合体の量も減り、軟骨をつくりだす細胞そのものの減少にもつながります。
 だから、関節に重要なコラーゲンを積極的に補う必要が有るのです。

posted by 腰痛うりん子 at | ひだ痛の原因、予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膝の痛みは老化現象ですか…?。


膝の痛みは老化…?。
 30歳半ばに女性です。半年前より、膝の曲げ伸ばしに痛みが出ます、歩いて居る時特に階段の下りの際に痛みを強く感じます。最近では膝が少し腫れぼったく感じる、膝が痛むのは歳を取ってからというイメージがありショックです。これは老化現象なのでしょうか…?。痛みをやわらげる方法は有りますか…?。

 まずは整形外科を受診、その後、癖の矯正が必要なのでは。
 膝が痛む「膝関節症」は、もちろん加齢で起こりますが、膝の使いすぎや膝にかかる力のアンバランスさでも起こるかのどちらかです。足首や足裏、膝関節は歩行時などに受ける衝撃のクッションとなって居ます、働く女性であれば、ヒールのあるパンプスでコンクリート上を歩く生活を送ることが知らず、知らず膝関節への負担が蓄積します、バランスが良ければ良いのですが…、歩き方のクセで外側、内側などに少しずれると膝が痛くなる。「老化現象でしょうか…」という事ですが、中学生、高校生でも膝への力のアンバランスであれば痛みは出る、老化の可能性もありますが30歳代であれば、まだ手術などをせずに治せる可能性は高い。
 また、膝が腫れぼったい、これは むくんでいる、腫れている のどちらか。むくんでいる場合は疲れなどの代謝が落ち、筋肉がうまく動かない、腫れていたら炎症です、まずは整形外科に…。炎症の有無や骨の異常などの「関節の器質的」な異常がないか見てもらいましょう。これは病気なのか手術、薬の必要がの判断の診察。
炎症を起している関節の変形が有ると診察を受けた場合、まず治療しないと運動は出来ません、専門医の判断を仰ぎましょう。
 診断の結果、特に異常がなければ、運動やストレッチをして体のバランス調整をしましょう。ただ自分勝手でなくスポーツインストラクターなど専門家に付いて行いましょう。

posted by 腰痛うりん子 at | ひだ痛の原因、予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひざ関節治療に光り


事故やスポーツによる ひざ関節の治療に光りが差して来ました。ひざ軟骨再生医療が厚生省の薬事の専門部会で培養した軟骨を医療製品として承認される事になりました。7月には承認され一般的に治療が受かられる見通になりました。
 スポーツや事故で傷ついた 患者のひざ関節の軟骨を患者本人の軟骨組織を培養して移植する再生医療の方法です。 再生医療メーカーが開発した手法で再生医療関係での承認は皮膚再生(2007年承認)に続き2例目です。
 軟骨は、組織の修復に欠かせない血管が通って居ないため、損傷すると治りにくい。今回の手法は正常な軟骨組織のごく一部を採取して体外で約4週間培養して大きくなったのを採取して移植する。大きな欠損にも対応が出来るので大変期待が出来る。
 認められる治療は、事故やスポーツによる「外傷性軟骨欠損症」「離断性軟骨炎」で部位はひざ関節に限られる。
 ひざ関節で悩む患者には大きな光であり朗報である。

posted by 腰痛うりん子 at | ひだ痛の原因、予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膝の痛みをやわらげるには…


膝の痛みをやわらげるためにすることは…。

 急な痛みは冷やしましょう」。
・痛みの激しい時や膝が熱っぽい時は氷やアイスパックで短時間冷やすと良いでしょう。

 通常は温めましょう。
・蒸しタオルや入浴で温めると膝の血行が良くなります。

 さする
・膝のお皿や膝周辺のマッサージ、硬くなった筋肉をほぐし、動きを楽にします。

歩行時の注意点
いきなり動かさないように注意しましょう
膝の痛みは、動かし始めに起こる事が多いものです。座った姿勢から立上がるときは、注意してゆっくり立ち上りましょう。
階段や坂を登る時は
・軽く曲げ伸ばしをしてウォーミングアップをしましょう。
自分に合った靴を履きましょう
・かかとの高い靴、つま先の細い靴、硬くて重い靴、サンダルなど脱げやすい靴はNG。
・足のサイズに合った靴、靴底の柔らかい靴を選びましょう。
どの様な器具を使えば楽になるのか、病院で良く相談しましょう。
寒い時は下着などの工夫をしましょう
・保温サポーター、ロングスカートやズボン、タイツ、長めの靴下など。
・夏は冷房の効きすぎにやる膝の痛み が意外と多いものです。外出には膝掛け を持参するのも良い方法です。

良い状態を保つために
・水中運動=水中では浮力により膝への負担が少なく成ります、したがって膝に軽い痛みの有る肩でも体を動かす事が出来る、膝の痛みの悪循環を断つてだすけになる。
ただし、間違った方法で行うと逆に腰を痛めます、インストラクターなどの指導に従って行う事。
・ウォーキングは新陳代謝を高めるので、体重のコントロールにも効果的です。自分のペースに合わせて無理なく歩く事で足の筋肉を鍛え体力を増進させます。20〜404分平地を歩きましょう。
posted by 腰痛うりん子 at | ひだ痛の原因、予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膝(ひざ) 仕組みと痛み


膝の痛み…?。
ひざの仕組み、 膝は「おさら」と呼ばれる膝蓋骨(しつがいこつ)と大腿骨(だいたいこつ)と、脛骨(けいこつ)の3つ骨から成り立っています。この骨は関節軟骨に覆われています。P1050053.JPG 関節軟骨と半月板は、骨と骨のつなぎめを保護して摩擦を最小限にすることによって、膝に架かる衝撃を吸収する動きをしています。
・関節軟膏、半月板 = クッションの役目をしています。
・関節液  = 潤滑油として関節がなめらかに動くように助けて居ます。

  なぜ膝の痛みが起こるのか…?。
膝の痛みに悩む人は中高年層が多いと云えます。歳を重ねるとともに、クッションの役目をする軟骨が弱くなり、その負担に耐えられなくなるためです。膝の痛みで最も多いのは変形性膝関節症です。女性に患者が多い。変形性膝関節症になりやすい要因
・加齢による関節の老化
・肥満
・O脚
・膝の酷使
 
 膝にかかる負担
歩いて居る時や体を動かす時、肩膝には体重の3〜4倍の重さがかかる、階段の上り下りの時はさらに増えて4〜5倍になります。体重が1s増えると片方の膝には3〜5sの負担が増える。
 食べ過ぎや運動不足など悪い生活習慣による肥満を改善する ことが膝の痛み の再発予防に最も大切。





posted by 腰痛うりん子 at | ひだ痛の原因、予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「足裏シート」でひざ痛が消え、肩こり、腰痛も…。


 「足裏シート」でひざ痛が消えました。肩こり、腰痛も…。

 座ったり、立ったりの動作をする度に痛みが有りました。立ち上ると膝がズキンと椅子に座って居ると顕著に感じられませんが…畳に座すと手を添えなければ立つことが難しく、ドッコイショと掛け声をかけて居ました。

 そんな時に友人に「足裏シート」を教えてもらいました。以前に「足裏シート」(竹炭使用)を使ったことが有りましたが、今回のはフルーツのリコピンメロンや鉱石配合との事で何か違いはあるのかと先ずは試で見ました。

 足の裏は体のツボ(第2の心臓)が集まる場所です、(此の「足裏シート」はベトナム産のフルーツの粉末が使用されているとか…、)この足裏シートは足の裏に貼ると、身体の中の毒素を出して体の血液の流れを良くなり体調の改善に良いようです。

 そこで夜、休むときに「足裏シート」を貼って眠りました、朝になってビックリ、シートは黒褐色で足の裏はジメーと汚れて居ました。それに「足裏シート」始めてしーとを貼った日より熟睡が出来ました。ともあれ今までのベットの中の足腰の冷たさがなく快適です。

posted by 腰痛うりん子 at | ひだ痛の原因、予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。