膝人工関節の手術を受ける


 膝関節の軟骨がすり減り、強い痛みが有る場合は人工関節の手術が必要です。入院は約3週間

 骨は再生しますが、軟骨は再生しません、そこで軟骨が無く強い痛みが有る場合は人工関節による治療が必要です。人工関節は医療用に作られた関節、関節を構成している骨を一部削り、其処にはめ込みます。骨に代わる部分は金属で、金属と金属との間はポリエチレン製の人工軟骨で覆われ滑らかに動きます。
人工関節の耐用年数は約20年ですので60〜65歳以上の方が受けるのが理想です。

 あまり高齢となるといろいろな持病などが有り、また、骨がもろくなったりで手術が難しくなりますので、手術のタイミングを主治医と良く相談をすることをお勧め。
 手術をすると歩くときの痛みが大幅に改善しますが手術にはリスクも…、傷口から細菌が入り、人工関節で増殖、化膿など。
 手術後の注意点
 手術後は椅子やベットを使う様式の生活がひざへの負担の軽減になります、又、適正な体重のも維持大切。人工関節うを入れてた後、なじむのに3か月ほどかかります、その間は、リハビリをしっかり行いましょう。

 
posted by 腰痛うりん子 at | 関節痛、骨の痛み、予防、薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひざ 人工関節を考える


 加齢や肥満、運動不足によるひざの痛み・。

 日本ではひざの痛みを訴える方が1千万人いると云われています、衝撃吸収機能の低下は、まず、加齢から起こります、産まれてより歳を取るまでの長い年月使い続け、さらに軟骨の新陳代謝が悪くなるために軟骨がすり減りやすくなるためです。肥満も悪影響を及ぼします、体重が多いほど、それに伴ってひざにかかる負担も大きくなります。また、運動不足などで筋肉が痩せ、筋肉が低下することで衝撃を受けとめれれなくなり、ひざに多くの負担がかかる、軟骨のすり減り、その破片や「骨棘」と呼ばれる骨の突起が関節周囲を包んでいる膜を刺激し、炎症を引き起こすと、これが原因で立ったり歩き初めに痛みが出る、これが変形性膝関節症です。
 膝の治療法
 まずは保存療法でひざへの負担を減らす。軟骨がすり減りひざに痛みが起こると、すぐに人工関節の手術を行う事は有りません、薬・装具・運動などの保存療法がおこなわれます。
・薬  のみ薬や外用薬で痛みや炎症を抑える、ヒアルロン酸注射で関節の保護をする。
・装具 膝を固定する装具や足底の角度を変える足底板と云う装具を使用する(医療機関で処方)
・運動 最も重要な治療法、運動でひざの周囲の筋肉強化、ストレッチでひざの曲げ伸ばしで
    出来る範囲を広げ、痛みを和らげるこうかが期待できる。
 上記の方法で痛みが治まらなければ膝人工関節の手術を検討する。
 

posted by 腰痛うりん子 at | 関節痛、骨の痛み、予防、薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の腰痛対策、ながら体操


 夏の腰痛対策を考える。

 夏は冷たいものを取り過ぎで内臓が冷えて肝臓障害や胃腸の冷えが起こり、これにより腰痛も起こります。そして、アルコールや喫煙する人も要注意です。統計によると温度が28℃〜32℃を超える頃からギックリ腰の発生率が上がります。ギックリ腰とは「魔女の一撃」と言われるほど突然にやって来ますが予兆は有ります。
 一言で腰痛と云ってもいろいろな要因が有りますが、なかなか治らない時にはあらゆる角度からの検査がお勧め。
 ながら体操でちょっとした腰の違和感を解消しましょう。
 手元に有るバスタオルを利用します、バスタオルの幅半分に折る、そしてくるくると丸めて紐で縛る、この丸めたバスタオルの上に体を上に向けて横たえる(丁度お臍の裏側、)お腹の前をびん〜とそらします、するとお腹の前がそるように伸びた状態になる、お腹の前を伸ばし背を上に上げると腰が楽になって来ます、又、うれしい事にウェストも細くなるおまけつき、テレビなど見ながら背中をびん〜。

posted by 腰痛うりん子 at | 関節痛、骨の痛み、予防、薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の腰痛の注意、原因を探る


  子供の腰痛に注意。

 腰痛というのは、人が2本足で歩くことと引き替えに背負った宿命です。2本足で立ちあがったため上半身の体重を細い脊椎で支えなければならなくなり、その柔軟性を保つために脊椎版が可動性と荷重のストレスに晒されて居ます。そこで、椎間板に変性という構造上の傷が生じ、痛みを引き起こすこれが腰痛です。

 成人に見られる腰痛の原因はほぼ変形くらいである、逆に云うと変性の無い子供には腰痛は起こりにくいはずですので子供に腰痛が見られた場合、大人と違い、何らかのハッキリした異常があります。

 スポーツを行っていると色々な原因で腰痛を引き起こす。代表は筋肉膜性腰痛、筋披露が原因。州思春期頃、腰をそらすと痛みを感じる場合、腰椎分離症を疑う。分離症の初期レントゲンでも見分けれず通常の腰痛と区別がつきにくい。

 反対に前かがみになると痛みが強くなる腰痛、椎間板ヘルニヤがある、成人の様に坐骨神経痛、神経麻痺、しびれ等は出にくく、身体の硬さとし出ることがある。痛みが強いと腰痛手術が行われます。椎間板ヘルニヤと同じ症状で小児期に特徴的な隅角解離という、これは推体の成長軟骨の損傷で、レントゲンでわかる場合がある、、ヘルニヤとは違いずれた骨片が神経を圧迫してしまうため腰痛の手術治療が必要。

 
 
posted by 腰痛うりん子 at | 関節痛、骨の痛み、予防、薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慢性的腰痛と対処法


慢性的 腰痛とは…。

 慢性的腰痛とは、腰に痛みが起こってから3か月以上続いている場合を云う。慢性的腰痛は特にストレス、うつ、腰に対する不安のえいきょうが大で、腰の痛みを強くし、痛みを長引きかせる要因になります。

 ただ、慢性的腰痛の大部分は、他の重大な病気には関係が有りません、しかし、中には脊椎の腫病や感染症、骨折など大きな障害が隠れて居る事が有りますので、腰痛が長引くときは整形外科の受診が必要です。

 慢性的腰痛の対処法
 痛みを感じにくくする方法、ストレスの原因を取り除くことです。たとえば転職や配置転換などですが対応が現実には個人で困難な場合も多いので、運動療法、薬物療法、認知行動療法など慢性腰痛の治療に取り組むことになるます、治療の中心は運動療法で薬物療法は補助的です。
 運動には2つの作用が有ります。
 @ 腦をの血液循環を良くする
 A 楽しく運動することでドパミンを放出を促し活性化し、痛みが軽くなる
 ポイントは無理をせづ、好きな運動を楽しみながら行うことが大切です
posted by 腰痛うりん子 at | 関節痛、骨の痛み、予防、薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五十肩仁ならないための対策


 四十肩、五十肩にならないための対策

 普段の生活のちょっとした気使いで四十肩、五十肩は予防できます。

@ 荷物を両手で平行に持つ
  身体のラインが通つたような歩行をする、美しい姿勢、歩き方は肩の老化を防ぐ。
A 手作業は手前で、肘の高さで、食器洗いも料理も出来るだけ手前で行う。
  肱のより高いとこらでは、肩に負担がかりやすく、低いと腰に負担がかかる。
B 掃除機やモップを使う際は腕より足を先にだし、背筋を意識することが重要。
C パソコン作業はてまえに腕の置ける台を用意する。そして20分に1回休憩する。
D 物を書く時は背筋を伸ばして前かがみにならない。
E物をトル、持ち上げるなどの時は上半身や腕だけでなく腰を入れる。

 肩、腰に負担を掛けない事がポイント。
posted by 腰痛うりん子 at | 関節痛、骨の痛み、予防、薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛を治すカイロの魔法


カイロの魔法で腰痛を治す。

簡単なカイロによる、腰痛改善方法…、「腰」にカイロを張る、カイロを張って体を温めると色々な効果があるのですねー、ただしカイロは直接肌に貼ってはダメですよー、必ずシャツやタオル等の上から温めましょう、そして決してカイロを張ったまま眠ら無い様にしましょう。

「腰」に貼る、これは疲労回復に持ってこいです、骨盤(ベルトのあたり)のすぐ上です。脊骨の左右に縦に二枚ずつ並べて貼ると良いでしょう。

注意点は、カイロは魔法使いですが心臓付近には貼ってはいけません、貼ると心臓に負担になって痛みや、吐っきが出て気持ちが悪く成りますのでくれぐれもやめて下さい。

posted by 腰痛うりん子 at | 関節痛、骨の痛み、予防、薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨の痛み 骨粗鬆症 ビタミンDで骨を丈夫に


骨の痛み、骨粗鬆症(ビタミンDで骨を丈夫に)骨粗鬆症とは…?

骨粗鬆症は、骨の密度が低下して骨がスカスカになり、もろくなる病気です。普通、骨粗鬆症になっただけではほとんど症状は有りませんがしかし、ちょっとした重さの物を持っただけで骨折などが起り、転んで尻もちを付いただけで太ももの骨が骨折をしたり、骨折から背中、腰が曲がり寝たきりになります。
骨粗鬆症の発症には女性ホルモンが関係、閉経後の50歳以上の女性がなりやすいのですが、治療している割合は低く、2〜3割程度と云われています。

骨粗鬆症の原因

骨粗鬆症のはカルシュウム不足、骨の主成分カルシュウムが足りないと、新陳代謝で新しい骨を作る事が出来ず骨がかすかすに、しかも高齢になるほどカルシュウムは腸からの吸収が悪くなル為、体内のカルシュウムがさらに不足します。
カルシュウムの吸収を助けるビタミンD、ビタミンDにはカルシュウムの吸収を助ける働きが有ります、ビタミンDは、食品から摂取するほか、日光浴で皮膚でも作られて居ますが、そのままでは吸収されず、ビタミンDになるには血液にのつて肝臓、腎臓で代謝され「活性型ビタミンD」になるとカルシュウムの吸収を助けます。ビタミンDは、鮭、ウナギ、サンマなどの魚に多く含まれています。

骨粗鬆症のお薬として「活性型ビタミンD」が効率よく摂取できる、活性型ビタミンD3型合成剤が古くより使われて来ました、そして2011年に約30年ぶりに新しいタイプの活性型ビタミンD3が使われています。

整形外科などの医療機関で、短期間で骨密度を測定出来ますので、生き生きとして生活のためにも一度、骨密度の状態を検査をする事をお勧めします。

posted by 腰痛うりん子 at | 関節痛、骨の痛み、予防、薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸の関節注射


体の中のヒアルロン酸

体内で重要な働きをしているヒアルロン酸は体の何処にある名でしょうか…?。

ヒアルロン酸は体の中の特にヘソの緒(さい帯)、関節液、皮膚、目などです。

関節 = 関節液の入っている関節腔、関節軟骨などに多く含まれ、関節の動きを良くする(潤滑作用)、クッションの様に衝撃を吸収する役目をしています。
皮膚 = 皮膚に多く含まれ、肌の乾燥を防ぎ、ハリを与える役目。
眼  = 硝子体に多く含まれ、目の形を維持する役目。

このヒアルロン酸は加齢とともに減少してゆき、肌のハリが無くなったり」、関節のうごきが鈍くなったりします、大人の皮膚のヒアルロン酸の量は、赤ちゃんの1/20と云われています。そこで、関節の潤滑油やクッションの役割をしているヒアルロン酸が減少すると、関節に痛みが出てくるのです。

ヒアルロン酸の関節注射

分子量90万の高いヒアルロン酸の関節内注射は、約20年の歴史が有り、広く行われている関節痛の治療法で、ヒアルロン酸を注射することによって、加齢などで減少したヒアルロン酸を直接補い、そして関節でのヒアルロン酸の生産を促し、痛みや炎症を抑える効果が有ります。

@ 関節の痛みを抑える
A 炎症を抑える
B 関節の動きを良くする
C 軟骨の磨滅を抑える

まずは専門医に相談を…

posted by 腰痛うりん子 at | 関節痛、骨の痛み、予防、薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関節・ヒアルロン酸とは…?。


最近良く聞く、ヒアルロン酸ですが…ヒアルロン酸とは…?。

ヒアルロン酸とは元々体内に(目や皮膚、関節など)に含まれている成分で、ヒアルロン酸は、その優れた保水力で注目されています。

身近な所で、化粧品や健康食品などいろいろな物に利用されています。そして医療品の原料としても利用がされています。

例えば化粧品 = 赤ちゃんの肌がみずみずしく、ハリが有るのはヒアルロン酸を多く含んでいるから、そのヒアルロン酸の保水力を化粧水やスキンクリームに使われているのです。

医療品 = 膝や肩の痛みを和らげるために使う関節注射藥や目薬などに、成分純度の高いヒアルロン酸の保水力を使用して痛みを和らげています。

身近になったヒアルロン酸、その特性は…?。

@ 優れた保水力 = ヒアルロン酸の保水力は優れ1グラムで6ℓの水を保持すると云われる。
A 粘性と弾性 = ヒアルロン酸は非常に高い粘性(粘り気)と弾性(元に戻ろうとする性質)が特徴。ヒアルロン酸の濃度や分子量(ヒアルロン酸の長さ)によって体内の部位や病気によってヒアルロン酸は変わる。
その他ヒアルロン酸は、傷口が治る時、炎症時などに細胞を修復する際に関与されていると考えられています。

posted by 腰痛うりん子 at | 関節痛、骨の痛み、予防、薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。