腰痛に良いレーザー治療の利点


腰痛に効果的なレーザー治療の利点

@ レーザー治療は切り開かないから、筋肉を骨かの剥離などの切開しない。

A 切開しないため手術時間が短い。

B 手術によるリスクが少ない。
  切開しないから当然、手術のリスクが低くなる、体内にレーザーファイバーを挿入しますが、
  切開に比べ、ごく小さな注射針の穴、また、直接患部を照射するので他の器官や組織を傷めな
  いで手術が出来る。

C 段階的治療法である。
  レーザー治療法は完治療法では有りませんが、患者の6割に改善が見られます、最終手段でな
  い段階処置としては、大変効果的です。

D 後遺症の可能性が極めて低い
  手術後の数時間の安静で、自分でトイレに行たり、食事をしたりができますので、患者自身へ
  の負担が大変少ない。
  また、この治療法で感染症や膿腫を作る事は考えられず、後遺症の心配はない。

 筋肉や内臓疾患からくる腰痛にはレーザー治療が使えないことも有りますが、逆に椎間板の損傷や
 ヘルニヤなどの症状から発症する腰痛には効果的です。


posted by 腰痛うりん子 at | しっかり腰痛対策を。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。