膝人工関節の手術を受ける


 膝関節の軟骨がすり減り、強い痛みが有る場合は人工関節の手術が必要です。入院は約3週間

 骨は再生しますが、軟骨は再生しません、そこで軟骨が無く強い痛みが有る場合は人工関節による治療が必要です。人工関節は医療用に作られた関節、関節を構成している骨を一部削り、其処にはめ込みます。骨に代わる部分は金属で、金属と金属との間はポリエチレン製の人工軟骨で覆われ滑らかに動きます。
人工関節の耐用年数は約20年ですので60〜65歳以上の方が受けるのが理想です。

 あまり高齢となるといろいろな持病などが有り、また、骨がもろくなったりで手術が難しくなりますので、手術のタイミングを主治医と良く相談をすることをお勧め。
 手術をすると歩くときの痛みが大幅に改善しますが手術にはリスクも…、傷口から細菌が入り、人工関節で増殖、化膿など。
 手術後の注意点
 手術後は椅子やベットを使う様式の生活がひざへの負担の軽減になります、又、適正な体重のも維持大切。人工関節うを入れてた後、なじむのに3か月ほどかかります、その間は、リハビリをしっかり行いましょう。

 
posted by 腰痛うりん子 at | 関節痛、骨の痛み、予防、薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


おすすめFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。